毎日水を飲むように


風邪などでのどの痛みには、どうしても必要な物・・・・・その中の1つに入るものが水です。

人間の体の60%は水で出来ています。

人間にとって、水はとても大事なものなのです。

それぐらい分かっているよ、という声が聞こえてきそうですが、健康やダイエットにも非常に関連性を持っています。

私も毎日水を飲むようにしていますが最低1日二リットル飲むようにしています。

風邪などでのどの痛みには、まず朝食時に500mlのペットボトルに入った水を1本飲みます。

風邪などでのどの痛みには、あとは午前中にあと1本、昼食時に1本、夕食時、またはお風呂上りに1本飲むようにしています。

これを続けることによって風邪などでのどの痛みには、効用があります。

風邪などでのどの痛みのあるときだけでなく、

1 便通が非常によくなった。

2 元々太ってはいなかったのですが、体重が変化無しで体脂肪が少し減りました。

3 なんとなくですが体調はいいです。

とはいっても、最初から二リットル飲むのは正直とても大変です。
ですから、少しずつ量を増やしていくと必ず飲めるようになってきます。 

風邪などでのどの痛みには、水はとても大事なものなのです。

あと私が実際に体感してはいないのですが、風邪などでのどの痛みには、たくさんの水を飲むことによって他にもいろいろな効果があるといわれています。
 
・水をたくさん飲んでいると、細胞に十分な水が行き渡るので、血液がサラサラになる。

・水をたくさん飲むと、胃液の濃度が下がったり、胃がふくれたりするので食欲を抑えることができます。

・更に新陳代謝を活発に働かせるので、ダイエットやむくみ防止に効果的です。

・年をとるに従い、体はは水分不足の状態になります。

これは、脳にとっても言えることなので、風邪などでのどの痛みには、ちゃんとした水分補給をすることによって脳の老化現象を防ぎます。

風邪などでのどの痛みには、水をしっかり飲むことの重要性を是非認識してほしいと思います。

大切なあかちゃんに安全なお水を。

⇒安心・安全なお水ならコチラから