効果のある飲みもの


のどの痛みは、のどの一部分だけの痛みから、のど全体に痛みを感じる場合、飲み込むと痛みがひどくなる場合などさまざまあります。

のどの痛みが広がることによって、耳の痛みまで感じることもあります。

このようなのどの痛みのほとんどは、ウイルスや細菌による急性の炎症によるものが原因です。

また、冬春などの空気が乾燥する季節は、のどが乾燥することによって、慢性的な炎症が起きやすくなり、のどに痛みを感じることがあります。

のどの炎症ではなく、異物が入ったり、悪性の腫瘍が原因だということもあります。


風邪などののどの痛みがあるときには、体の安静と部屋の加湿に心がけましょう。

容態によって発熱がある場合には、すぐにかかりつけの病院に行くことが必要です。

細菌感染が原因の場には、薬を処方してもらって服用します。

のどの痛みには、冷たい飲み物を飲んだり、のどを冷やす方法も効果があります。

のどの痛みが長く続く時は、重い病気の可能性もあり、自分でかぜと判断してしまい、適切な処置が遅れないようにすることが重要です。

冬、風邪をひいたときに効果のある飲みものは、「しょうが湯」です。

「しょうが湯」は体を温めて発汗を促したり、食欲を増進させたりと、風邪のときに効果があります。

ハチミツやゆず、葛などをいれて、アレンジを楽しみながら飲むのもいいでしょう。

風邪というと、昔から風邪のひきはじめに効くといわれている「たまご酒」があります。

これも、お酒やお砂糖の量、火にかける時間などによって、それぞれの好みで飲むといいでしょう。

その他には「レモネード」などもあります。

レモンの果汁にハチミツや砂糖をいれて作るこの飲み物には、飲みやすい上にビタミンCがたっぷり含まれているので、風邪対策にもなるそうです。


そして、のどの痛みがあるとき、風邪のときには、体を温めてくれる「ホットレモネード」がおすすめです。

⇒効果のある飲みものならハーブティー