風邪などの対策カテゴリの記事一覧

風邪などの対策

風邪などでのどの痛みには、対策が必要です。

風邪などでのどの痛みには、免疫システムを数倍に高める簡単な方法があります。

この方法は、心臓病や高血圧などの人には体に負担がかかるのであまりむかないと思いますので、実践されるときには、必ず自分の体と相談しながら自己責任で行ってくださいね。

◎1週間に2回、42℃ぐらいの熱いお風呂に10分程度入る。

風邪などでのどの痛みには、たったこれだけのことなのです。
でも注意事項は書いておきます。

《注意事項》
1.とにかく、風邪などでのどの痛みには、自分の体と相談しながら行ってください。
 特に心臓病、高血圧の人は医師に相談した上でお願いいたします。
2.風邪などでのどの痛みには、胸あたりまで入れる人は、上記の時間で、無理な人は、腰あたりまでの半身浴で20分程度入っても効果があります。
 また、休み休み入ってもその時間はいれば効果はあります。
3.水分の補給を忘れずに! 500?tぐらいを目安に摂取してください。
4.お風呂から出た後暑いからといって体を冷やさないでください。
 汗をしっかり拭いて温かい格好をして10〜15分保温してください。
5.お風呂が冷えないようにふたを半分してください。

なぜ、風邪などでのどの痛みには、こんなことだけで免疫システムが活発に働くか説明します。

わたしたちは、風邪などでのどの痛みなどのひき炎症が起きると、熱が出ますね。体をだまして風邪などでのどの痛みには、一番免疫力が高く、ウイルスの住みづらい環境に体温を持っていく。
そして、その環境で増えた免疫細胞は、だいたい4日ぐらいもつそうです。

それで1週間に2回行ってくださいといだそうです。

⇒風邪によるのどの痛みの薬はコチラ